本当は危ない“正常値”を見逃すな

高血圧治療 始める前に知るべき3つのチェックポイント

(C)日刊ゲンダイ

 健診で「血圧が高い」と言われたら、次の3つを検討してください。

 ①24時間のホルター血圧計

 血圧の日内変動を調べられます。血圧は一日の中でも変動し、それは個人差が大きい。24時間のホルダー血圧計の検査なら、自分の血圧の現状を正しく知ることができます。寝ている間も高い場合は薬を飲む必要がありますし、その場合も血圧コントロールに最も適したものを選べます。

②PWV検査

 全身の血管年齢と血管の硬さを調べる検査です。高血圧は動脈硬化の原因になるので治療が必要ですが、この検査で動脈硬化の程度がわかります。

 年齢と共に、血管は硬くなります。特に高血圧の状態が長く続いていた人は、必ず行ってほしい検査です。高血圧が続くことで一番心配なのが、動脈硬化がダメージを与える心臓と腎臓なので、あわせて、心臓と腎臓も経時変化を見なくてはなりません。

1 / 2 ページ

佐藤智春

スタイリストとして活躍していた32歳の時、働き過ぎで体調を崩しダウン。「分子整合栄養医学」に出会い、人体と栄養の関係を学び、実践を重ねながら健康を取し、血液栄養診断士の資格を取得。現在はクライアントの血液データから栄養を厳密に把握し、食と医療、ライフスタイルを具体的に提案。著書に「卵を食べれば全部よくなる」「男は食事で出世させなさい」「身長を伸ばす7つの法則」など。