愉快な“病人”たち

エッセイスト・岸本葉子さん(54)虫垂がん

岸本葉子さん(C)日刊ゲンダイ
ドラマのように「あなたはがんです」といった深刻な告知はありませんでした

 大腸がんの一種である「虫垂がん」の手術をしたのは2001年10月、40歳の時でした。一般的に「盲腸」といわれる虫垂炎の、あの虫垂です。そこにがんが見つかるのはとても珍しくて、大腸がん全体の1%に満たないようです。発見されにくいため、手遅れになるケースもあるそうですが、あれから14年半、先生から「もう病院へ来なくてもいいですよ」と言われています。

 最初の異変は、手術の1年3カ月前。発熱と胃の下あたりに腹痛がありました。下痢や嘔吐はなかったので初めは婦人科を受診しましたが、異常ナシ。次に、大学病院の消化器科でエコーやレントゲン、便の潜血検査をしてもらいましたが、それでも原因が分かりませんでした。

 ただ、血液検査の炎症反応は大きかったので、消炎剤が処方されました。薬を飲むと症状が改善したこともあって、その後も痛くなると、近くのクリニックで消炎剤をいただく日々が続いたんです。しかし、あまりに何度も通う私を見て、先生から「もっと詳しい検査をした方がいいかもしれません」と言われ、そのクリニックでバリウムを飲んで行う腸造影検査を受けた結果、ポリープが発見されました。

1 / 5 ページ