愉快な“病人”たち

元ラグビーA日本代表・酒井宏之さん(43)精巣がん

中大ラグビー部のヘッドコーチを務める(C)日刊ゲンダイ
精巣がんと診断され、腰痛ヘルニアと偽り舞台を降板した

 2005年に、大学の後輩でラグビー選手の生沼元が精巣がんで亡くなったんです。現役選手だった彼が26歳で亡くなったことに驚き、引退後に俳優として活動していた僕も検査を受けに行きました。彼の死の直後から左側の睾丸が腫れ、痛みはヒリヒリする程度だけど、股間に小さなラグビーボールがあるような感覚があったんです。

 過去にも股間を蹴られて打撲したことがあって、泌尿器科に行ったら美人の女医さんでアソコが立って赤面した……なんて笑い話もありました。けどね、今回は様子が違う。さらに硬くレモンぐらいまで大きく、赤紫色になっていたんです。

■病名を偽り出演舞台を降板

 医師から精巣がんだって言われた時には「いやいや、33歳の俺が?」と、自分のこととは思えなかったですね。ちょうど舞台出演の会見をしたばかり。役者としてこれからと思っていた時だったから、「手術は公演後でいいですか?」なんて能天気なことを聞いていました。

1 / 4 ページ