ニューヨークからお届けします。

3年で20億円の予算 米NY市で「ジカ熱」対策が本格始動

 さらに、屋外では虫よけスプレーを使用し、肌を露出しないようにすること。蚊が発生しやすい庭の水たまりやプランターなどを除去すること。公共の場所でそのような水たまりを見つけた場合は通報することなどを呼びかけています。

 ニューヨークをはじめアメリカでは、1999年から数年間、蚊が媒介するウエストナイル熱が猛威を振るい、これまで多くの人が亡くなりました。それ以来、夏になると、蚊を駆除するための殺虫剤の散布が市内各所で続けられており、ジカ熱に対しても同様の措置を取るとしています。

2 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事