天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

いまは「ダヴィンチ」手術に飛び付くべきではない

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 さらに、高額な治療費についても考える必要があります。前述したダヴィンチによる心臓手術のケースでは、一番簡単なものでも350万円程度が全額自己負担になります。もし、同じ手術を保険適用になる従来の手術で行えば、高額療養費制度を利用して9万円程度で済みます。ダヴィンチだからといって、手術による心臓の回復具合が上回ることはないので、高額な費用を支払ってまでダヴィンチ手術を選択するだけのメリットがあるかどうか、じっくり考えるべきでしょう。

 心臓手術に関しては、トータルの医療サービス、心臓の回復具合という点において、現時点では通常手術の方が確実性は高いといえます。患者さんは期待しすぎてはいけません。

 ただ、ダヴィンチによる前立腺摘出手術のように保険適用になっている治療に関しては、しっかりしたエビデンス(科学的根拠)が確立しています。選択肢として検討すべき治療といえますし、症例数が多い病院はそれだけ信頼性も高いと考えていいでしょう。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。