愉快な“病人”たち

大桃美代子さん 原稿の一部がぽっかり見えなくなり手術を決意

病気になり「見えることのありがたさ」を知った(C)日刊ゲンダイ

 60歳を越える7~8割の人は白内障だと聞いています。でも、まさか40代で自分がそうなるとは思ってもいませんでした。

 眼科を受診したのは2013年2月でした。目に違和感があって、手でこすったらビョーンと目の粘膜が伸びたんです。時季的にスギ花粉の頃でしたし、ちょうどPM2.5が話題になった年だったので、「アレルギーかな」と思いました。でも、病院で検査をすると、アレルギーにとどまらず医師から「いろいろ病気が見つかりました」と。そして、告げられたのが右目の若年性白内障でした。さらに左目も少し白内障の気があり、何と両目に緑内障もあると……。

■原稿の一部がぽっかり見えなくなった

 ただ、そう言われても自覚症状がまったくなかったので、初めは「本当かな?」と半信半疑でした。でも、経過観察するうちに右目の視野の真ん中が白く見えるようになってきたんです。手術を決意したのは、原稿の一部がぽっかり見えなくなったからでした。少し角度を変えたり、文脈を考えれば察しがつく程度のわずかな範囲でしたが、テレビの生放送でニュースを読む仕事なので、このままではいけないと思ったんです。

1 / 4 ページ