Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【小倉智昭さんのケース】膀胱がん オシッコで早期発見

小倉智昭さん(C)日刊ゲンダイ

「そんな短期間で手術から復帰できるの?」と思われた方も少なくないでしょう。膀胱がんを発表したキャスターの小倉智昭さん(68)はすでに手術を受け、来週からフジテレビの情報番組に復帰する見込みです。休養期間は1週間ですから、一般の方が疑問に思うのは無理もありません。

 膀胱がんは男性に多いがんで、俳優・菅原文太さん(享年81)は2年前にこのがんで亡くなっています。07年、別の病院で勧められた膀胱の全摘手術が嫌で私の外来にセカンドオピニオンを求めにこられました。

 当時、文太さんの病期はステージ2で、治療は手術による膀胱全摘が主流。膀胱を全摘したら、尿をためるスペースがなくなり、“コンビニ袋”のようなもので代用することに。袋に尿がたまるのが嫌で水分摂取を制限される方もいます。文太さんも当時は軽いうつ状態に見受けられたように思います。

 5年生存率はステージ1が94%、ステージ2が87%ですが、膀胱全摘の代償は大きい。そんな状況から、一般の方は休養1週間で手術を済ませるスピードに驚かれるのでしょうが、その秘密は早期発見にあります。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。