薬に頼らないこころの健康法Q&A

少年による殺人事件 実は年間100件未満で推移している

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授(C)日刊ゲンダイ

 5月に都内のマンションで41歳の女性が死亡しているのが見つかり、高校1年の長女が殺人容疑で逮捕されました。このような事件が起きると、コメンテーターたちは判で押したように、「少年事件の増加」と「こころの闇」という言葉で事態を語りたがります。

 実際には、少年(10歳から19歳まで)による殺人事件は増えていません。ここのところ、一貫して低い件数が続いています。かつては、少年による殺人(含未遂)事件は、ほぼ毎年200件を超えていました。ピークが1951年の448件。それ以降下がり始め、1975年には100件を切りました。以来、現在まで、1998年から4年ほど100件超を記録した以外は、一貫して100件未満の低い値で推移しています(「犯罪白書」から)。

 若年者人口によって補正しても、結論は変わりません。藤川洋子氏(臨床心理学)が「総務省統計局人口資料」によって、殺人(含未遂)発生率(10万人当たりの件数)を試算したところ、1988年が0.47、2004年が0.48で、ほぼ同値でした。2001年の少年法改正以降は既遂件数についてもデータがありますが、平均すれば1年に10人台。多めにとって20人としても、殺人既遂率は0.16です。アメリカの10歳以上18歳未満の殺人率2.3や、18歳以上21歳未満の殺人率13.6と比べても、日本の少年たちの「殺さなさぶり」は歴然としています。

1 / 3 ページ

井原裕

東北大学医学部卒。自治医科大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学大学院博士号取得。順天堂大学医学部准教授を経て、08年より現職。専門は精神療法学、精神病理学、司法精神医学など。「生活習慣病としてのうつ病」「思春期の精神科面接ライブ こころの診療室から」「うつの8割に薬は無意味」など著書多数。