愉快な“病人”たち

作家・なかにし礼さん救った執刀医のひらめきと“神の一手”

作家・作詩家のなかにし礼さん(C)日刊ゲンダイ

 1回目のがんの時は、「勝った勝った」とまるで子供でしたね。でも、相手は手ごわかった。

 最初は食道がんで、2012年、74歳の時でした。口臭が気になるようになり、歯磨きをして口をゆすぐと、吐き出した水が薄茶色になる。病院で調べたら4.5ミリのがんが巣くい、余命8カ月と宣告されたんです。

 ところが、私は27歳の時の誤診が原因で心室の一部が壊死しているため、そう簡単に手術ができる体ではない。それで、iPadで見つけたのが陽子線治療でした。近県では国立がん研究センター東病院(千葉)と、筑波大学付属病院で治療が受けられるとありました。東病院はホームページに直通番号が書いてあり、問い合わせると担当医から折り返し電話があったんです。私はだれの紹介もなく千葉に行き、30回の陽子線治療でがんが消えました。

 これで終結と思っていたら3年後、今度はリンパにがんが見つかった。気管支に近く、進行するとがんが気管の膜性壁を食い破る「穿破」が起きるというのです。穿破が起きたら長くて4日でアウト。しかも、前回のダメージが残っているため、今度は陽子線をメーンにできません。検討を重ね、切除手術を受けることにしました。

1 / 4 ページ