独白 愉快な“病人”たち

作家・なかにし礼さん救った執刀医のひらめきと“神の一手”

作家・作詩家のなかにし礼さん(C)日刊ゲンダイ

 あまり知られていないけれど、実は抗がん剤の副作用にうつ症状もあったのです。そして、私がまさにそうでした。抗うつ剤を処方してもらったら、苦しみが半減しました。

 都合、5回の抗がん剤治療と12回の陽子線治療でがんは消えました。

■慌てず、うろたえず、シンプルに

 がんは根性で勝てるものではないと思います。がんがつらいんじゃなくて、私のうつ症状のように“抗がん剤がつらい”ってこともあります。そういうつらい時こそ、薬の出番。何が問題か、根本の見極めが必要です。

 切るしか選択肢はないのか、この病院でいいのか。手術は成功したといいつつ、術後に死ぬこともあります。名医であっても、自分の病状と相性がいいかどうかはわかりません。慌てず、うろたえず、シンプルに「自分が生きるためにすることは何か」を突き詰めて考えるべきです。

3 / 4 ページ