天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

デメリットを克服すれば外科医は絶滅しない

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 一方で、外科医が行う手術の領域が縮小しつつあるのもたしかです。新しい薬剤の進歩などにより、内科治療の領域が広がっているためです。しかし、だからといって外科医が“絶滅”してしまうかといえば、そうではありません。

 すべてではありませんが、外科治療は基本的に根治を目指すものです。手術によって病巣を取り除く、もしくは病気になっている部分の機能を改善させ、患者さんが不安なく生活できるようにすることを目指します。

 たとえば、がんならすべての病巣を取り除く。心臓なら不具合のある部分を改善する。おのおのの臓器の病的な状態を意識しなくても生活できるようにするのが目的です。

 片や薬による治療は、根治治療というよりは症状を緩和したり、病気とうまく付き合っていくという考え方をするケースが多いといえます。もちろん、薬によって生活に支障を来さないくらい症状が改善し、全身を痛めつけるような副作用がないことがハッキリしていれば、薬による治療もひとつの選択肢です。しかし、根治を目指すのであれば、やはり外科治療が欠かせない状況は続いていくでしょう。

2 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。