寿命が縮む高齢者の「腰曲がり」 日常予防と手術治療法

良い姿勢を取り戻せる(佐野医師提供)

「変性後側弯症」は、椎間板の変性などの加齢現象による腰曲がりで、高齢になってから急速に進行する。

■息苦しさや食欲不振、逆流性食道炎を引き起こすことも

 腰曲がりが引き起こす障害はいくつかある。「腰背部の痛み」「疲労感」「立ち上がったり歩行したりが困難になる」が代表的なものだ。

「日常生活の基本動作ができなくなり、引きこもりや、寝たきりを起こし、運動器の病気『ロコモティブシンドローム』につながります。また、心臓や腹部が圧迫されて息苦しさや食欲不振、食べたものが食道に上がってくる逆流性食道炎のような症状が出てきます。寿命が短くなるという報告もあります」

 だからまずは予防に努めるべき。具体的には、(1)骨を丈夫にする食生活を心掛ける(2)背筋、臀筋を鍛える(3)背骨を反らせるストレッチを日常的に行う。

2 / 4 ページ

関連記事