愉快な“病人”たち

結核、紫斑病乗り越えた 医師・梅木信子さんの長寿の秘訣

現在96歳にして現役医師の梅木信子さん(C)日刊ゲンダイ

 最初の大きな病気は、大学卒業間際の23歳のときにかかった「結核」でした。わが家は、姉、母、弟とみな結核を患ったので、看病していた私ももらったんだと思います。レントゲンを撮ったら肺に空洞が見つかり、医師から手術すると言われたんだけど、「切らないで」って頼んで放っておきました。あとでレントゲン撮ったら患部が固まっていて、そのままです。

 次は、同じ23歳のときに「盲腸」になりました。疎開先の山梨の病院でインターン生だった頃です。友達が熱と痛みが出ているときに小川の水で冷やしてくれてね。でも、手術の前に体をきれいにしなきゃと長時間ぬるま湯につかっていたら、痛みが消えちゃった。それで手術はやめました。

■結核、盲腸、紫斑病を経験も「どこも切らずに済んでいる」

 ただ、それからまた何年かおきに痛みが出るので、「切ります~」って外科の先生に電話をすると、また、お湯に入っているうちに痛みが消えて……。そんなことを数回繰り返して、結局、盲腸はそのままです。炎症はぬるま湯につかると寛解するんですよ。

1 / 4 ページ