医療数字のカラクリ

“3カ月の延命”の是非 新薬は副作用の点でも優れているか

 新しい抗がん剤「ニボルマブ」(オプジーボ)の話題を続けます。平均3カ月の延命効果があるということでしたが、副作用が強い場合は「寿命が延びた3カ月は結局、寝ているだけ」ということです。それでは困ります。

 そこで、副作用のデータについて見てみましょう。全体では、標準的な抗がん剤「ドセタキセル群」で88%、「ニボルマブ群」で69%と、両群とも高い割合で副作用が見られています。抗がん剤治療においては、副作用を経験しない人のほうが少ないのです。

 ただ、この中には検査所見のみの異常で、全く症状がないような軽症なものも含まれます。重症な副作用で2つのグループにどんな差があるかどうかも見てみましょう。

 この論文では副作用を5つのグレードで判定しています。入院が必要となったり、日常生活に重大な制限が生じる副作用(グレード3)と、生命を脅かす危険があり、即座に治療を必要とするような副作用(グレード4)を合わせた重症なものでは、ドセタキセル54%に対し、ニボルマブ10%と格段に少なくなっていることが示されています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。