天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

大動脈弁狭窄症が急速に増えている…高齢女性に多い疾患

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 しかし、TAVIはまだ新しい治療法であるため、治療の対象は、超高齢者、過去に開胸手術を受けたことがある、肝臓疾患やがんなどの合併症があるなど、従来型の開胸手術ができないような高リスクな患者さんに限られます。体力がある患者さんは、やはり、確実で実績のある開胸手術が原則になります。

 高齢者の手術は、体の負担を減らすためになるべく短時間で終わらせなければなりません。そのため、ほとんどのケースで弁を取り換える弁置換術が行われます。

 患者さん自身の弁を修理する弁形成術は、術後に血栓ができないようにする薬を服用し続ける必要がないなど、大きなメリットがあります。しかし、弁形成術は心臓手術の中でも技術的に難しいもののひとつで、弁置換術に比べて手術時間がかかり、確実性がいまひとつです。また、高齢者は弁の傷み方がひどい場合が多く、自身の弁を形成できないケースがほとんどです。そのため、弁置換術が適しているのです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。