天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

大動脈弁狭窄症が急速に増えている…高齢女性に多い疾患

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 現在、交換に使われる一般的な人工弁には、「生体弁」と「機械弁」があり、高齢者では生体弁が圧倒的に主流です。弁置換術を受けた後、ほとんどの患者さんは血液の循環が正常になり、ほぼ元通りの生活を取り戻すことができると考えていいでしょう。

 近年は、手順を単純化することなどで手術時間の短縮化が進んでいることから、80歳以上の高齢者でも手術を受けられるようになり、翌日から歩行するのも可能になってきています。今後も大動脈弁狭窄症の患者さんが増えるのは確実なので、手術もTAVIもさらに進歩していくのは間違いありません。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。