徹底解説 乳がんのなぜ?

若年性乳がん 家族性腫瘍なら5割の確率で子どもも発症

姉の麻耶さん(左)も心配…(C)日刊ゲンダイ

 市川海老蔵さん(38)夫妻にエールが送られています。9日、妻の小林麻央さんの乳がんを告白。妻と2人のお子さんを思いやりながら淡々と語る姿が共感を呼んでいるのです。

 乳がんの発症年齢は平均57歳ですが、33歳の麻央さんは1年8カ月前の人間ドックで見つかったとのこと(当時32歳)。35歳未満で発症する乳がんを特に若年性乳がんといいます。あくまでも推測ですが、若年性は家族性腫瘍による発症の可能性があるのです。

 たとえば、がんを抑える働きを持つ遺伝子に異常があり、それが受け継がれると、ある家系にがんができやすくなります。それが家族性で、乳がんの場合、BRCAという遺伝子が関係。米女優アンジェリーナ・ジョリーさん(41)はその異常を知り、乳がん予防で乳房を切除したのです。その後、卵巣がん予防で卵巣も切除しました。

 家族性腫瘍は、すべてのがんのうち5%程度。決して多くはありませんが、そんな遺伝的な要因があると、女性は乳がんと卵巣がん、男性は前立腺がんやすい臓がんになりやすい。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。