身近な薬の落とし穴

自己判断はNG 胃薬の副作用で記憶力が低下したケース

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 胃の痛みやむかつきの原因は、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、ピロリ菌などさまざまです。多くの場合、胃の調子が悪い時は、胃薬を飲めばよくなります。気軽に胃薬を飲んでいる方も大勢いらっしゃいます。しかし、胃薬には思いもよらぬ副作用や、他の薬の効果を弱めてしまう危険があるのです。現在、非常にたくさんの種類の胃薬が流通しています。ただ、ひと口に胃薬といっても、「胃酸を少なくする薬」「胃を保護する薬」「胃の痛みをとる薬」など、タイプはさまざまです。

 胃酸を少なくする薬は、胃酸による胃への攻撃を抑え、胃の痛みや胸焼けを改善します。
「ガスター10」(成分名:ファモチジン)は有名で効果も高いため、一般でも頻繁に使用されています。この薬は「H2ブロッカー」と呼ばれる分類の薬で、副作用として認知機能低下や譫妄なども報告されており、特に高齢者や腎機能低下の方で注意が必要です。

1 / 2 ページ

中尾隆明

1985年、愛媛県生まれ。愛媛県立南宇和高等学校を経て岡山大学薬学部を卒業。2008年からこやま薬局(岡山県)で管理薬剤師を務め、現在は企画運営部主任として各店舗のマネジメントを行っている。8月に著書「看護の現場ですぐに役立つ くすりの基本」(秀和システム)を発売。