医療数字のカラクリ

超高額な新薬「オプジーボ」の値段はどう決められたか?

「ニボルマブ」(商品名オプジーボ)のすさまじい高薬価について紹介しましたが、これはいったいどのように決められたのでしょうか。

 ニボルマブは、もともと手術不能な悪性黒色腫という皮膚のがんに対する薬として、平成26年に保険適用が認められました。悪性黒色腫は日本人には比較的珍しいがんで、当初の年間使用患者は500人と推定されていました。

 その少数の患者を対象にした治療として、何万人にも使われるという状況を想定せずに決定された薬価です。ただ、そうはいっても年間500人に3000万円の治療で計150億円がかかるというわけで、これでも大した金額です。

 それでは、この当初の薬価がどのように決められたのか見てみましょう。平成26年の薬価収載時の資料によれば、ニボルマブ100ミリグラムでは、「製品総原価45万9778円、営業利益17万55円、流通経費4万5953円、消費税5万4063円」となっており、製品総原価、つまり研究開発費や薬そのものを作る費用が突出して高いことが分かります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。