なりやすい病気は血液型でわかる

膵臓、胃以外の「がん発症」と「血液型」との関係性

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ABO血液型との関係が指摘されているがんは、これまで取り上げた膵臓がんと胃がん以外にもあります。ただし、いずれも研究対象となった人数が少ないため、必ずしも信頼性が高いとはいえません。その点をお断りしたうえで、いくつかご紹介しましょう。

 まずは肺がんです。肺がんは大きく「小細胞がん」と「非小細胞がん」に分かれますが、後者において血液型と予後が関係しているかもしれません。これは日本の研究グループが明らかにしたものです。患者333人の血液型と5年生存率を比較したところ、全生存率(治療を受けた患者のうち、生存しているものの割合)で「О型83.0%、A型67.2%、B型68.8%、AB型69.2%」という違いが出たというのです。つまり、О型の患者は、非О型の患者よりも5年生存率が15%前後も高いということになります。

 皮膚がんについては、中国で行われた研究があります。悪性黒色腫の患者482人の血液型を調べて統計処理したところ、「A型がО型よりも1.6倍近く発症率が高い」という結果になりました。しかし、イタリアで患者445人を対象に行われた同様の研究では、まったく違う結果が出ています。悪性黒色腫になりやすいのは「О型でRhマイナスの人」だというのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。