Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【早川史哉さんのケース】急性白血病の50~80%は寛解に

右はサガン鳥栖の三丸拡選手(本人のツイッターから)

 期待のJリーガーにまさかのニュースです。J1アルビレックス新潟のDF早川史哉さんが急性白血病だと発表されました。

 この春、筑波大を卒業したばかりの22歳。20代での発症は、女優の夏目雅子さん(享年27)と重なることから、一般の方の間では“不治の病”のように語られることもあります。

 確かに30~40年前はそのリスクが高かったのですが、治療法が進歩した今なら復帰するチャンスは十分。急性白血病のタイプによりますが、50~80%は寛解と呼ばれる状態に回復します。

 寛解とは、病状が安定し、症状が消えたり軽くなったりした状態。数値でいうと、白血病細胞が全体の5%以下。再発することもありますが、そのまま治ることもまれではありません。

 そのカギを握るのが、抗がん剤治療です。まず寛解を目指し、寛解になったら、白血病細胞のさらなる低下や根絶を狙って、より強い抗がん剤治療を行ってから、その状態を維持する治療に移ります。一連の治療の流れが寛解導入療法、地固め療法、維持療法です。

1 / 2 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。