医者も知らない医学の新常識

変わりゆく高齢者の糖尿病治療

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病は世界的に増えている病気です。この病気は基本的には完全に治ることはありませんから、結果として高齢者の糖尿病は、今後、さらに増えることが予想されます。それでは、若い人と高齢者で糖尿病の治療は同じでいいのでしょうか?

「それではいけない」というのが最近の考え方です。

 糖尿病の患者さんが血糖値を下げるために薬を使うのは、血糖が高くなることによる、「糖尿病性昏睡」(意識がなくなること)と「糖尿病の合併症」の予防のためです。

 失明の原因となる網膜症や、進行すれば透析が必要になる腎症のような合併症は、確かに血糖を正常に近づけるほど予防できます。その効果は若い人の方が大きいのですが、高齢者は、予防の効果は低くなる上に、治療による低血糖などの副作用が起こりやすくなります。昏睡などの予防のためには、血糖値が200を超えないくらいにすれば十分です。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。