愉快な“病人”たち

うつ病をねじ伏せた コラムニスト・勝谷誠彦さんの考え方

陽気に語らう“のんべえ”は健在(C)日刊ゲンダイ

 ある朝、ガツンときました。急に何の前触れもなく、金縛りにあったように体が動かなくて、ベッドから起き上がることができなかったんです。

 うつ病は“心の病気”だから、ふさぎ込んだり眠れないといった精神的なトラブルが起こるだけだと世間では思われているでしょう? でも、私の場合はいきなり体が動かないという物理的な症状が表れたんです。

 そこから2~3カ月の記憶はほとんどなく、非常にあいまいなのですが、仕事は無理やり続けていました。そのおかげかどうか、3カ月ほどで寛解。医者に言わせると「あの状態から3カ月で寛解なんて奇跡」とのこと。平均的には半年以上かかるらしいです。

 ただ、この病気で何年も苦しんでいらっしゃる方がいることも分かっているので、「治りました!」と喜んでばかりもいられません。言えることは、治る速度は本当に人それぞれ違うということです。

1 / 4 ページ