医療数字のカラクリ

厳しい抗がん剤治療 途中でやめた「脱落者」をどう扱うか

 抗がん剤の治療は、副作用の影響などで継続が困難になり、最後まで完遂できる人が一部であったりします。ニボルマブ(オプジーボ)の臨床試験で、どれくらいの割合で治療を中止した人がいるのかを見てみましょう。

 ニボルマブ群では一番少ない人で1回の投与で終了、最大は52回の治療を受けています。中央値は6回の投与で、予定の治療を90%以上受けることができた人が83%となっています。抗がん剤としてはかなり高率に治療が継続できています。

 それに対し、ドセタキセル(タキソテール)群においては、66%と少なくなっています。治療を継続することができなかった理由は、どちらのグループにおいても副作用だったとのことです。ニボルマブ群の方が最後まで治療を続けられた人が多く、患者にとっても優しい治療だったということでしょう。

 ニボルマブ群の方が「3カ月長生き」という結果は、前記の治療が継続できなかった人も含めて分析されています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。