Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【竹原慎二さんのケース】セカンドオピニオンは放射線科医に

抗がん剤治療と手術で膀胱がんを克服(C)日刊ゲンダイ

 がんとうまく向き合っているのが、ボクシング元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二さん(44)です。

 抗がん剤治療と手術で膀胱がんを克服。経過観察中ですが、「順調に回復してやっと振り返る余裕が出てきた」ことから、ブログで闘病日記をスタートしました。

 闘病中、同じがん患者の闘病記を読み漁り、「経験者の情報は何よりもありがたく、僕自身も自分の治療法の選択にも大いに役立った」というのがその理由だそうです。2度にわたる日刊ゲンダイのインタビューでは、苦しい胸の内を語っていました。

 1日10回もの頻尿やオシッコのときの痛み、熱さなどから不安になり、受診したものの、最初は膀胱炎、2度目は前立腺肥大と誤診され、それでもおかしいと別の病院でステージ3の浸潤性膀胱がんと診断されたそうです。

 本人は「免疫療法」を受けたかったのに、医師に否定され、「お先、真っ暗になった」と言います。心情を察した家族や周りの勧めもあり、実は当院に転院。医師の説明に納得し、安心して治療を受けられましたが、それまでの不安感が、ブログでの闘病記執筆に結びついたのでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。