医者も知らない医学の新常識

点鼻インフルエンザワクチンは効かない?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 予防注射は効果があると分かってはいても、「注射は痛いので嫌だ」という人は多いと思います。その苦痛を解消する可能性があるのが、点鼻のワクチンです。これは注射をする代わりに、花粉症の治療で行うような鼻の中へのスプレーで、予防接種をするものです。

 米国では2003年からインフルエンザの点鼻ワクチンが使用されています。日本ではまだ承認はされていませんが、発売に向けての臨床試験が行われています。

 それでは、本当に鼻へのスプレーで風邪が予防できるのでしょうか? 風邪のウイルスは、鼻の粘膜から体に侵入しますから、そこに力を弱めたウイルスを噴霧して、免疫を作らせることは理にかなっています。ところが、最近になって「この点鼻のワクチンは効かないのではないか」という水を差すような報告がアメリカから寄せられています。

 2013年から14年にかけてのシーズンで、09年に流行した当時の「新型インフルエンザ」と同じタイプのウイルスへの有効性を見たところ、「全く効果がない」というびっくりするような結果が得られたのです。さらに、翌シーズンも同様の結果であったため、米国当局は今年から点鼻ワクチンを推奨することを中止しました。

“痛くないワクチン”は、まだ、その効果については確実とはいえないようです。

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。