愉快な“病人”たち

アッシャー症候群のジョー・ミルンさんは聾盲者メンターに

ジョー・ミルンさん(C)日刊ゲンダイ

 私の耳が聞こえていないと母が気づいたのは、生後16カ月の時だったそうです。補聴器をつけても、かすかな振動の違いを感じるだけで音は聞こえません。

 しかし、母は、姉や妹と同じようにかわいい服を私に着せ、普通の子供と同じ教育を受けさせました。手話を習い、障害児のための学校に通う選択肢もありましたが、「自分が立ち向かわなければならない現実を見なければいけない」と、母は考えたのです。

 授業は先生の唇さえ見ることができれば問題はありませんでした。でも、わざと私に背を向けて授業をする先生がいたり、同級生からいじめられたり……。それも学びだと理解していても、学びのプロセスにはつらいものがありました。それでも母は
「あなたが悪いんじゃない。相性が悪かっただけ」と言って、いつも励ましてくれました。

 大音量の音楽で“ビート”を感じながら、姉とクラブで踊るのが大好きでしたし、17歳から恋人もいましたし、障害のせいで何かをあきらめた経験はありません。

1 / 4 ページ