がん発見率ほぼ100% 「線虫」の驚くべき“人間ドック”力

がん検査キット(提供:神楽坂駅前吉野歯科)

 体長約1ミリのニョロニョロの小さな虫「線虫」が、最強の人間ドックになってくれる。料金も格安で、ドックのように、わざわざ時間をつくる必要もない。画像診断では発見しにくい「ステージ0」からの早期がんも発見できるとして、線虫による検査に注目が高まっているのだ。

 検査に必要なのは、わずか1滴の尿。これに線虫を入れたとき、線虫の集まりがいくつかできると、がんの可能性大と判定される。がん細胞特有のニオイを線虫が嗅ぎつけることを九大大学院生物科学部門の研究グループが発見、科学誌「ネイチャー」にも掲載された日本発の画期的方法で、早期がんの有無も実に95.8%もの高確度で見つけられるというのだ。

 にもかかわらず、世間での認知度はそう高まってはいない。

「日本の医学会が、医師免許のない者にがん判定はさせられないなどとイチャモンをつけ、一般への広まりに待ったをかけていたり、検査キットを高額で転売するダフ屋のような業者がネットなどに出現しているといった弊害が出ているんです」(医療関係者)

1 / 2 ページ

関連記事