Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【南果歩さんのケース】手術後に分子標的薬を投与する理由

女優の南果歩(C)日刊ゲンダイ

 順調に治療が進んでいるようです。女優の南果歩さん(52)が4日、「ハーセプチン治療が始まる」とツイッターで報告しました。ハーセプチンは、抗がん剤とは異なる仕組みで働く分子標的薬。この薬の登場で、乳がん治療は大きく変わりました。南さんの治療状況が順調とみられるのは、そのためです。

 2001年に承認された時は、別のがんが乳房に転移した乳がんの治療薬でした。その後、適用が拡大され、今は再発予防に使われます。3月に手術を受けた時点で、術後の再発予防としてこの薬の投与を計画していたのでしょう。

 米国のMDアンダーソンがんセンターの研究チームは、従来の抗がん剤にハーセプチンを加えたグループと抗がん剤のみのグループを比較。それぞれのがん細胞を顕微鏡で調べたところ、完全に消えている割合がハーセプチン併用で65%と、26%の抗がん剤グループを圧倒。国内の臨床試験でも、その割合はハーセプチン併用で46%に上っています。抗がん剤だけだと、大体10~20%程度ですから、ハーセプチンの効果が見て取れます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。