重篤な糖尿病発症も “子供の感染症”は大人も侮れない

写真はイメージ
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)や子どもの夏風邪「ヘルパンギーナ」が流行の兆しをみせている。国立感染症研究所(感染研)のまとめによると、おたふく風邪は前回流行した2010年に次ぐ高水準にあるという。子どもに多い病気だが、軽く見てはいけない。大人がかかると重い合併症を発症する危険性がある。

 感染研の集計によると、6月20~26日は1医療機関あたりのおたふく風邪の患者報告数が1.13人。宮崎(3.03人)を筆頭に佐賀(2.91人)、鹿児島(1.95人)、福岡(1.76人)と九州全域に広がっているほか、大阪(1.72人)、神奈川(1.22人)、埼玉(1.44人)など大都市圏でも目立っている。おたふく風邪は4~5年周期で流行を繰り返し、今回は2010年に次ぐ高い水準だという。弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。

「以前は秋から春先に流行する病気でしたが、いまは季節に関係なく流行する傾向にあります。原因菌であるムンプスウイルスは、くしゃみやせきなどを介して広がります。そのため、学校で集団感染しやすいのです。18日前後の潜伏期があり、最初は首に痛みが出ます。その後、耳の付け根から顎にかけて耳下腺が腫れ、1週間から10日程度うまく噛めない、飲み込めない、会話ができないという症状が出ることがあります」

 この間、発熱し、頭痛や嘔吐、腹痛を訴えるケースが多い。

■無精子症も

 患者の9割が15歳未満の子どもだが、大人がかかると重症化するだけに注意が必要だ。

「人によっては40度を超える高熱になることがあり、それがもとでさまざまな重い症状が出る場合もあります。小児ではほとんどない合併症ですが、精巣炎や睾丸炎により、15歳以上の男性に精子が全く作れない非閉塞性無精子症のリスクがあります。女性は卵巣炎になることも。ウイルス性髄膜炎も注意したい。脳や脊髄の周りにある保護膜が炎症を起こす病気で、おたふく風邪を発症した人の数%に起こるとされています。心筋炎、膵炎、難聴、甲状腺炎、溶血性貧血などにも気を配るべきです」

 こうした合併症だけでなく、糖尿病の発症リスクをアップさせることも忘れてはならない。糖尿病専門医で「しんクリニック」(東京・西蒲田)の辛浩基院長が言う。

「突然、膵島細胞が破壊されて、インスリンが全く出なくなる1型糖尿病は、その多くが自分で自分を攻撃する自己免疫疾患だといわれています。しかし、その中には発症前に上気道炎などの感染兆候が見られるものがある。そのため、昔からウイルスが糖尿病発症にかかわっていると疑われているのです」

 実際、ウイルス感染で亡くなった小児の膵島を調べたところ、コクサッキーB群ウイルス、サイトメガロウイルス、先天性風疹などのウイルスが検出されている。

「他に、風疹ウイルス、EBウイルス、ロタウイルスなどが1型糖尿病に関連するといわれ、おたふく風邪の原因菌であるムンプスウイルスもそのひとつだとされています」(辛院長)

 徐々に血糖値が上がり、症状がじわじわ表れる2型と違って、1型糖尿病は数カ月で悪化する。

「中には1週間で症状が劇的に変化する『劇症1型糖尿病』にかかる人もいます。そうなると、数時間で多尿、嘔吐、腹痛などの症状が表れ、進行すると昏睡や意識障害が出て死亡することもあります」(辛院長)

 子どもの夏風邪といわれる「ヘルパンギーナ」の患者数も10年ぶりの高水準。手足口病やウイルス性胃腸炎の流行もこれからが本番だ。これらの中には2型糖尿病を含め、重篤な合併症を引き起こすものがある。子どもの感染症を甘くみてはいけない。

関連記事