3カ月で10キロやせるランチ術

正体は油と小麦粉 そば屋では「カレーセット」を選ばない

そば1杯で満足できるかも(C)日刊ゲンダイ

 うどんやそば1杯では足りないかもしれないと頼んでしまう「セットメニュー」。香りにつられ、カレーセットを頼んでしまう人も多いのでは? しかし、カレーの原材料は「小麦粉」と「油」。そこに脂身たっぷりのポークやビーフが入っていたら、結果は見えていますね。

 気になるカロリーは、「炭水化物」「脂質」「タンパク質」の3つの栄養素で成り立っています。うどん・そば屋さんでは「炭水化物」をしっかり補給できるので、残りのバランスを注意するようにしましょう。

 ポイントは2つです。

①見えない油(脂)にだまされない

 パン粉が付いていないと揚げ物じゃないような気がして安心しがち。でも、それは大間違いです。先ほどのカレーや、パン粉で揚げたカツが卵でとじてあるカツ丼、そして天丼、空揚げ丼などは脂質がたっぷり。スマートな選択をするならば、これらは避けるべき。

1 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。