愉快な“病人”たち

声優・真山亜子さんは32歳でベーチェット病・クローン病に

真山亜子さん(C)日刊ゲンダイ

 42歳で「オストメート」になりました。といっても、わかる人は少ないかもしれませんね。人工肛門や人工膀胱を付けている人をそう呼ぶのですが、私は大腸と小腸にストーマ(人工肛門)がついています。

 原因は、まぁ自分にもあって、飲むべき薬を勝手にやめて、食事にも気を使わずに過ごしていたことで炎症が重症化して、腸に穴が開いてしまったからです。

 私は32歳のときに「ベーチェット病」と「クローン病」に認定されました。どちらも自己免疫疾患の一種で、ベーチェット病は主に口などの皮膚粘膜に、クローン病は主に消化器官に炎症や潰瘍を起こす病気といわれています。厳密にはハッキリ分けられないことが多いようですが……。その治療のために飲んでいたステロイドを自己判断でやめてしまったんです。

 それまでも、いろいろな病気に見舞われてきました。初めは、16歳のころに右臀部にできた「デルモイド」という良性腫瘍です。それも最初は腫瘍だとわからず、4年放置の末、20歳のときに手術で赤ちゃんの頭ぐらいの大きさの腫瘍を取り、右足を引きずるようになりました。

1 / 5 ページ