Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【鳥越俊太郎さんのケース】大腸がんはステージ4でも治る

鳥越氏は元気そのもの(C)日刊ゲンダイ

「がんになる前より今は元気なんです」

 都知事選に出馬したジャーナリスト・鳥越俊太郎さんは会見でそう語っていました。最初の大腸がんの手術からは11年、最後の肝臓がんの手術からは7年が過ぎ、「今は人生の中で一番健康」と断言。顔色や肌つやは健康そのもので、およそ76歳とは思えません。「大腸がんはステージ4でした」という告白に、「えっ」と耳を疑った人もいるでしょう。

 大腸がんはステージ3までだと、5年生存率は80%ほど。胃がん(同47%)や肺がん(同22%)に比べ、比較的治りやすいがんといえます。しかし、ほかの臓器に転移があるステージ4は18%に低下。統計的に8割の方は5年以内に亡くなります。

 2015年4月、俳優の今井雅之さん(享年54)は痩せ細った表情でステージ4の大腸がんであることを発表し、それから1カ月後に他界しました。あの会見が印象に残っている方もいるでしょうが、鳥越さんは紛れもなく「18%」に入ったのです。2人の違いはどこにあるかというと、手術ができるかどうか。それが一番大きいでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。