有名病院 この診療科のイチ押し治療

【学習障害】国立精神・神経医療研究センター病院・小児神経科(東京都小平市)

(左写真)国立精神・神経医療研究センター病院の稲垣真澄医師
(左写真)国立精神・神経医療研究センター病院の稲垣真澄医師/(C)日刊ゲンダイ

 学習障害(LD)とは、全般的な知的発達に遅れはないが、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を言う。発達障害のひとつで、国内の有病率は子供の1~2%と推定されている。

 同センターは病院と研究所が一体となり、精神・神経疾患、筋疾患、発達障害の高度専門医療を行う国の基幹病院。LDでも難治患者が全国から紹介されてくる。

 LDの診断・治療指針は2010年に厚労省研究班によって作成された。その編集代表が、同科の稲垣真澄医師(精神保健研究所知的障害研究部部長=写真)。LDが見つかる時期をこう言う。

「LDで問題とされる大半は“読み・書き”の障害です。しょっちゅう間違える、鏡文字を書く、安定して覚えられないなど。ですから、小学校の前半では平仮名を習い始めて分かるケース、小学校後半では漢字ができないことでLDを疑って来院されるケースが多い」

■早く見つけてあげないと子供が自信を失う

 ただし、親や学校の先生がLDをよく理解していないと見逃されていることが多いという。

 特に間違えやすいのは、たとえば「そっくり」であれば「っ」、「でんしゃ」であれば「ん」や「ゃ」といった特殊音節が抜けたり、大文字で誤って読み書きしてしまう。典型的なケースは、初めての文章をなめらかに読めず、誤りも多い。これは脳の音の処理に問題がある。鏡文字は比較的少ないが、脳の視覚処理に問題があるケースもあるという。

「早く見つけてあげた方がいいのは、通常の書き取りや読書百遍では改善しないからです。自分ではしっかりやっているのに、周囲から『努力が足りない』『勉強が足りない』と言われ、分かってもらえないと自信を喪失する。そのまま放置されると学力が落ちてしまいます」

 LDの原因は解明されておらず、特効薬はない。

 そのため治療は、従来とは違うやり方で学習させることが重要。LDの子供の苦手な能力と得意な能力の特性は一人一人違うので、心理検査で子供ごとの脳の認知機能を明らかにして、その強みを伸ばす学習法で学ばせるのだ。

 同科では、頭部MRI検査、脳波検査に加えて、視覚的認知力、聴覚的認知力、記憶力、注意力など、細かく多くの特性を見極める。通常、ここまで詳しく調べる医療機関はほとんどないという。

「学習法は、たとえばモニターに1文字ずつ出して、声に出して読むことで解読力(正確に読む)を育てます。また、単語のまとまりで読む学習には、単語ごとに間を空けたり、線を入れたり、色を変えたりします」

■個別支援で大学進学も可能に

 治療は個別支援教育が基本になる。同科受診の7~8割の子供の学習の場は学校や家庭となっている。医師は、学習のやり方などを保護者や担当教師に指導する。平仮名が読めないような重度の場合には、外来でパソコンなどの機器を使った学習で基礎力をつけさせて、学校へ戻す場合もあるという。

「治療成果のゴールをどこに置くかは、個々の子供で異なります。今年度から『障害者差別解消法』が施行され、教育機関の入試の合理的配慮も受けられるので、大学進学も十分可能です。子供にLDの疑いがあれば、早めにかかりつけの小児科に相談してください」

■データ
1986年に国立武蔵療養所、国立武蔵療養所神経センター、国立精神衛生研究所を統合し、発足した国立高度専門医療研究センター。
◆スタッフ数=医師11人
◆初診患者数=月間約50人(うち発達障害の割合20%)