身近な薬の落とし穴

市販の睡眠改善薬の副作用でかえって眠れなくなる?

睡眠改善効果だけではない(C)日刊ゲンダイ

 しかし、ジフェンヒドラミンには、眠気以外にも、口の乾き、便秘など多くの副作用があります。実際に、服用した患者さんから「口の乾きが酷く、喉が痛くなり、眠れなかった」という訴えもあります。口の乾きは、口や喉への刺激だけでなく、口臭、虫歯、口内炎の原因にもなり得るので注意してください。

 さらに、前立腺肥大気味の男性は、副作用で尿の出が悪くなり、ひどい場合は尿が出なくなる危険もあります。

「ドリエル」をはじめ、ジフェンヒドラミンが配合されている市販の睡眠改善薬は数多く存在します。睡眠が改善するだけであれば良いのですが、そう単純ではありません。使用する場合、薬の良い面だけでなく、注意すべき副作用もしっかり理解しておきましょう。

2 / 2 ページ

中尾隆明

1985年、愛媛県生まれ。愛媛県立南宇和高等学校を経て岡山大学薬学部を卒業。2008年からこやま薬局(岡山県)で管理薬剤師を務め、現在は企画運営部主任として各店舗のマネジメントを行っている。8月に著書「看護の現場ですぐに役立つ くすりの基本」(秀和システム)を発売。