ニューヨークからお届けします

米国では早くも評価 「ポケモンGO」で鬱から脱する

 街中のあちらこちらに現れるポケモンをキャッチして歩くバーチャルリアリティーのゲームアプリ「ポケモンGO」。米国は日本より一足早い7月6日にリリースされ、1週間あまりで携帯ゲームの記録を更新する6500万ダウンロードを記録しました。

 批判的な意見がある一方でこのゲームが「若者の健康に大きく貢献するのでは」との意見も少なくありません。

 まず、街中のポケモンを探し回るので、ものすごく歩くことになります。クルマ社会であり、国民の7割以上が太りすぎ、3割以上が肥満症という米国人。特に、家にこもりがちなゲーマーを、外に連れ出した功績は大きいというのです。

 実際の数字はまだ出ていませんが、アップルウオッチのユーザーに限ると、ポケモンGOのリリース以降、エクササイズレベルが上がったという報告もあります。

 それ以上に注目されているのが、“心の健康”への効果です。ネットやゲームと健康の研究で知られるソーシャルネットワーク「サイキ・セントラル」の創立者ジョン・グロール医師によれば、「ポケモンGOのおかげで不安や鬱が軽減した」との書き込みがツイッターやフェイスブックにあふれているといいます。このような事象は過去20年間で初めてとのことです。

1 / 2 ページ

関連記事