漢方達人をめざせ!

アトピー性皮膚炎のしつこいかゆみを鎮める

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「アトピー性皮膚炎でステロイドを塗っているけれどやめたい」といった相談を受けることがよくあります。

 ある40代の男性も、20年以上使っていたステロイドをやめ、体質改善のために漢方薬を飲み始めました。当初は顔がパンパンに腫れたり、浸出液が出たりするなど大変で、1週間おきに薬局へ来て、症状に応じて細かく漢方薬を替えていきました。半年近くたった最近は、ようやく落ち着いてきました。

 かゆみがひどい時によく用いたのは、当帰飲子梔子柏皮湯などです。かゆみは、場合によっては痛みよりも耐え難く、我慢するとストレスになり、よりアトピー性皮膚炎を悪化させます。2種類の漢方薬によって、かゆみそのものを抑えるのに加え、ストレス要因をなくせます。

 皮膚が赤く、ジュクジュクした状態の時は、竜胆瀉肝湯。漢方の古典といわれる中国の医学書「薜氏十六種」に収載されている漢方で、排尿時の痛みや残尿感、尿の濁りなど排尿の異常にも効果があります。

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。