愉快な“病人”たち

九里千春さん 1日3回、10回ずつ肛門を締めて“のぼせ”克服

毎晩日本酒を4合飲む九里千春さん(C)日刊ゲンダイ
女優78歳<更年期障害・痛風>

 51歳で夫を亡くしたのをきっかけに、心身のバランスを崩したのが更年期障害の始まりだったのかもしれません。もともとヒマが嫌いで、仕事もみっちり入れるタイプだったんです。それが仕事もせず、主人の位牌を眺めながらお酒を飲み、ピアノの音を聴くだけで主人を思い出しては涙をこぼし、1年半ほど引きこもりに近い状態でした。

 そんな“うつ状態”を脱して、みのもんたさんの「午後は○○おもいッきりテレビ」(日本テレビ系)に出演させていただくようになった時のことです。番組で「更年期障害」の特集があり、みのさんに「最近、変わったことは?」と聞かれ、「昨日、急に汗が噴き出て止まらなくて」というお話をして……。

 その前日、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した際、スタッフの方と話していたら、顔から何から大汗が出て止まらなくなったんです。仕事柄、顔に汗をかかないタイプなのに、汗がコントロールできないことに驚いて「この人のこと好きだったのかしら?」って思ったくらい。それが更年期の“のぼせ”でした。

1 / 4 ページ