体にも優しい 食道アカラシア新治療「POEM」のメリット

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「加えて保険点数は従来法より低く、患者さんが負担する治療費は安い。私はPOEMによって『食道アカラシア外科治療の100年の歴史は終わった』と考えています」

 全身麻酔で行うので、4日ほど入院するが、術後2日目から食事もできる。昭和大では約1200例が実施されていて、国内外で4000例超が行われている。「過去に食道アカラシアの手術を受けたが、あまりうまくいかなかった」という患者でも、POEMの実施は可能だ。

4 / 4 ページ

関連記事