数字が語る医療の真実

がん終末期の点滴に医学的効果は期待できない

 さらに、この研究では生存期間についても比較していますが、どちらも「平均17日」と差を認めませんでした。

 末期患者に対する医療の現場では、まだまだ多く使われている点滴ですが、医学的な効果を期待することはできません。だから、点滴をしないからといって、患者さんをないがしろにしているなんて思う必要はないのです。

 むしろ点滴を避け、ゆっくり話ができたりすることのほうが、家族にとっても患者自身にとっても、安心につながる行為なのかもしれないのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。