有名病院 この診療科のイチ押し治療

【フットケア外来】埼玉県済生会川口総合病院・皮膚科(埼玉県川口市)

埼玉県済生会川口総合病院皮膚科のフットケア外来(提供写真)

 足のトラブルは蓄積性なので、トータルで考えて見直さないと、結果、その負担が他の関節にも波及して、いずれは膝痛や腰痛を引き起こす原因になってしまうという。

 難治性の爪水虫の場合も飲み薬や塗り薬を使う治療だけでなく、厚くなった爪を削るネイルケアを併用すると、薬の効きがよくなり治りも早い。治療期間中は、爪をブラシで洗う自宅でのケアも大切になるという。

■専任看護師の有料フットケアあり

「初診から再診まで3カ月くらい空くので、指導したケアを日常的に続けてもらいます。単に爪の形を整えてもらいたい、外来のケアだけを受けたいというのは対象外。当外来は、本気で足のトラブルを治したい患者さんを対象にしています」

 専任看護師によるフィットケアは1回30分かけて行う。自由診療で費用は3000円(税別)~だ。

データ
 社会福祉法人恩賜財団済生会支部埼玉県済生会が運営。
◆皮膚科スタッフ数=医師2人
◆年間延べ患者数(2015年)=1万6000人(うちフットケア外来患者=300人)
◆同外来診療日=毎週火曜日の午後(予約制)

3 / 3 ページ