数字が語る医療の真実

終末期の患者にとって「在宅酸素療法」は意外に効果がない

写真はイメージ(提供写真)

 死期が近づき、残された時間が数週間という状況になると、心臓や肺の機能も低下し、体の酸素濃度も下がってきます。酸素の治療は現在では在宅でも容易に導入でき、半日もあれば自宅に酸素の機械を設置することができます。

 こうした終末期の酸素低下に対しては、この在宅酸素療法で対応可能と思われるかもしれません。しかし、点滴と同様、ここでも研究結果は意外な事実を示しています。

 終末期の酸素の効果も、点滴と同じくランダム化比較試験により検討されています。この研究は、余命が1カ月程度と予想される終末期の患者を対象に、「毎分2リットルの酸素を流すグループ」と「毎分2リットルの空気を流すグループ」に分けて、朝夕の呼吸困難の程度を7日間にわたり比較しています。

 その結果は、朝の呼吸困難症状の変化は、酸素を流したグループで20%の改善に対し、空気を流すグループで15%の改善でした。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。