数字が語る医療の真実

終末期に呼吸が困難な患者には風を顔に送ることが有効

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 終末期の呼吸困難には、酸素やモルヒネの効果はあまりないか、あっても小さなものであることを研究結果は示しています。そんな希望のない状況ばかりお伝えしてきましたが、意外な結果を示した治療があります。

 この研究は、がんを含む呼吸困難のある患者を対象に、手持ちの扇風機で、「顔→足の順で5分ずつ風を当てるグループ」と、「足→顔の順で5分ずつ風を当てるグループ」で、「VAS」(視覚的評価スケール、0を「呼吸困難なし」、100を「経験した最大の呼吸困難」とした場合、10センチの直線上でどこに位置するかを患者自身が示す)により、呼吸困難の程度が改善したものの割合を比べています。

 最初に顔に風を当てたグループでは、直後に呼吸困難が10センチのスケールで1センチ以上改善したものの割合が29%、10分後には40%であったのに対し、最初に足に風を当てたグループでは、直後で2%、5分後でも3%しか改善しなかったという結果でした。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。