数字が語る医療の真実

終末期に呼吸が困難な患者には風を顔に送ることが有効

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ただ、改善の度合いの平均値で見ると、顔に風を当てたグループでも直後で7ミリ、10分後で10ミリ改善しているにすぎず、酸素やモルヒネの効果と似たような小さなものかもしれません。しかし、顔に風を当てるのは、酸素やモルヒネに比べ副作用の危険が小さく、自宅の扇風機を使えばコストもかかりません。とりあえず試みていい治療法ともいえます。実際、患者さんにやってみると、多くの患者さんは「ああ気持ちがいい」と言ったりします。特に今のような夏の時季では意外に効果が大きいかもしれません。

 でも、「扇風機に当たると気持ちいいよね」……みたいな当たり前のことをわざわざ研究する必要があるのかといわれると、確かにそうだということかもしれませんね。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。