愉快な“病人”たち

松枝茂房さん 週1回の加圧トレーニングで叶えたプロ復帰

プロボウラーの松枝茂房さん(C)日刊ゲンダイ
プロボウラー64歳<突発性左大腿骨頭壊死>

 特発性左大腿骨頭壊死と診断されたとき、医師からは「プロボウラーを続けるのは無理でしょう」と言われました。でも、3年後に「トーナメント出場順位決定戦」で復帰。64歳の今もプロインストラクターとしてボウリングを続けています。

 病気の始まりは今から20年前のことです。トーナメントで九州遠征に行った日の宿泊先で、突然左脚の股関節が痛くなったんです。どこかにぶつけた覚えもないし、転んだわけでもない。でも、少し脚を上げるだけで痛みが走り、歩くのがやっと。これはただごとじゃないと思いました。

 トーナメントを欠場して東京に戻り、すぐに大学病院へ行った結果、特発性の左大腿骨頭壊死だと分かりました。この病気は、大腿骨頭への血流が低下して骨頭の組織の一部が死んでしまう原因不明の病気で、難病に指定されています。負荷がかかることによって骨頭が潰れてしまうので、股関節を動かすたびに痛みが走ります。私の場合、ボウリングの軸足である左脚にそれが起こったわけです。競技はおろか、寝返りを打つこともままならない状態になり、目の前が真っ暗になりました。

1 / 4 ページ