数字が語る医療の真実

緩和ケアにおける「ステロイド」の効果と副作用

 副作用については、程度の重いものについて見てみると、プラセボ群11に対し、ステロイド群17と統計学的な差はないものの、ステロイド群で多い傾向にあります。その内訳は、「全身倦怠感」と「痛み」の副作用です。

 疲労感に関するステロイドの効果は、副作用なく飲み続けることができれば十分期待できそうです。これは、臨床現場での実感にもよく一致しています。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。