医者も知らない医学の新常識

英男性はバグパイプで呼吸困難に 楽器で肺炎になるのか?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 今年の「ソラックス(Thorax)」という医学誌に、興味深い論文が掲載されていました。「バグパイプ」を趣味で毎日吹いていた男性が、原因不明の咳や痰、呼吸困難に苦しみ、悪化して亡くなってしまったのです。

 男性は英国在住でしたが、一時オーストラリアに住んでいて、その頃はバグパイプを演奏しなかったところ、その時期だけは症状が出ませんでした。そして、バグパイプの内部から数種類のカビが検出されました。どうやらこのカビが、男性の呼吸困難の原因だったようなのです。

 しかし、これは「カビによる肺炎を起こした」ということではありません。カビの成分のタンパク質に、一種のアレルギー反応を体が起こしてアレルギー性の肺炎になったのです。一度、そうした反応が成立してしまうと、少量のカビを吸い込むだけで、再び重い症状が出現します。これを「過敏性肺炎」と呼んでいます。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。