愉快な“病人”たち

医師・僧侶の田中雅博さんは娘が強制した検査ですい臓発覚

田中雅博さん(C)日刊ゲンダイ

 2年前、すい臓がんがわかったときはステージⅣb。生存率の中央値によると、余命は半年~1年ぐらいでした。

 自覚症状はまったくありませんでした。

「たまには検査をしなさいよ」と娘に言われ、半ば強制的に院内で超音波検査を受け、すい臓に腫瘍が見つかったのです。

 糖尿病の傾向はありましたから、すい臓がんになりやすい因子を持ち合わせていました。

 実家の寺を継ぎ、境内に有床診療所を創設し、僧侶と医師を兼務してきました。しかし、自分の健診は血液検査など基本的なものだけでした。入院患者さんがいるので、休みはあってないようなもの。それは医師であるウチの妻も娘も同じです。がんセンターのような大病院でも、夜勤明けの後、そのまま通常勤務は当然。医師は忙殺されているのです。

 がんは、すい頭部とリンパ節だけで肝臓に転移が見られないので、切除手術をし、その後、再発予防の抗がん剤治療をしました。しかし半年後、肝臓に転移が見つかり、がんを小さくする抗がん剤に替えると一時的には小さくなった。ところが、半年後にその2番目の抗がん剤も効かなくなり、さらに強い3番目の抗がん剤に替えましたが、それも4カ月で再燃。現段階では、日本で承認されている薬には私の病状を抑えるものはありません。

1 / 4 ページ