天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

冠動脈疾患はコレステロールと血糖をしっかり管理する

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 急性冠症候群のような冠動脈の疾患は、「危険因子」がはっきりわかっています。高脂血症(高コレステロール)、高血糖、高血圧、肥満、喫煙です。これらのリスクファクターを普段からしっかり管理していれば、突然死も防ぐことができます。

■危険因子を抱えた人が急増中

 また、一度発症した後も、何をどれくらいコントロールすれば再発を予防できるかもわかっています。たとえば、LDLコレステロールがそうです。一般的には、LDLを「90㎎/dl以下」にコントロールすれば再発を防げるといわれていますが、当院では「70以下」に管理するとより明らかな再発予防効果があるというデータがあります。

 LDLは、「スタチン」などのコレステロール低下剤を服用することでコントロールしますが、70以下に管理するためには、副作用をしっかり見極められる医師を選ぶ必要があります。コレステロール低下剤は、筋肉痛や関節痛、まれに筋萎縮や横紋筋融解症といった重篤な副作用を起こす可能性があります。70以下といったように厳格に管理すると、副作用を訴える患者さんが増える傾向にあるからです。

2 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。