Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

梅宮辰夫さんは白目に 十二指腸乳頭がんは黄疸で早期発見

梅宮辰夫さん(C)日刊ゲンダイ

■「もしかすると…」

 家族がパニックになるのも当然でしょう。俳優・梅宮辰夫さん(78)が、十二指腸乳頭部がんで手術を受けていたと、娘のアンナさん(44)が公表。「ステージ1か2の間」の早期だったそうですが、大手術が予想されていたため、事前に医師から「もしかすると……」ということを説明されたそうです。

 手術は、十二指腸と胆のうのすべてを摘出し、すい臓と胃の一部を切除する12時間に及ぶものでしたが、無事成功。梅宮さんは退院して、現場復帰を目指しているということですから、家族としてはホッと一安心でしょう。

 読者の方は、この病名が耳慣れないかもしれません。今回は、このがんについてです。

 肝臓で赤血球が代謝されてできる胆汁は胆管を通って十二指腸に注ぎ、食べた物と混ざって便になります。一方、すい臓で作られる消化液のすい液はすい管から十二指腸に流れます。その2つの管が合流した十二指腸側の出口が、十二指腸乳頭部で、そこに腫瘍が生じたということです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。